如来御回在

一年に一度の如来御回在の日です。仏壇から位牌を出し菊の花秋の果物お餅などを供えて如来さんの来られるのを待つ。本山から如来像の掛け軸を持ってこられる 持ってこられた掛け軸掛けてもらい念仏を頂く終われば掛け軸で健康であるように背中をさすって頂く。回った後お寺に戻りお念仏の後少しお話を聞く。フランスのパスカル博士のお弟子さんが 「人間で一番難しいことは何ですか」。と聞かれ 「自分の目である」「目は前のことは良くわかるが後のことは判らない」。と言われたそうです また両手を付いて見上げる蛙とゆうお話もされました。
年に一度本山から如来御回在で鐘をたたきかねの音で自分の心を開き両手を合わせ感謝の気持ちを持って一日一日過ごしてくださいといわれました。
c0090327_23115232.jpg
c0090327_23123576.jpg
c0090327_2313501.jpgc0090327_23143232.jpg
[PR]

by kiyoko0502 | 2006-11-14 23:15